安比奈駅跡 – 西武鉄道 安比奈線(休止線)探索の巻

サマリー

安比奈線(あいな)は西武鉄道が大正14年(1925)に入間川での砂利運搬を目的として 建設された貨物線です。昭和42年(1967)に入間川での川砂利の採取が禁止されるまで 約40年間の間、貨物列車が走ってい

2018/03/11 物置 に【わびとさびとたび】安比奈駅跡 へのリンクを追加 2018/01/21 物置 に【わびとさびとたび】太子駅跡 へのリンクを追加 ※日記は随時更新です。

Feb 12, 2018 · 西武安比奈線 – Wikipedia 安比奈線(あひなせん[5])[6]は、埼玉県川越市の南大塚駅から安比奈駅を結んでいた西武鉄道の貨物線である。 1963年より50年以上の長期間にわたり休止となっていたが[2][7]、2017年5月31日に正式に廃止となった[3]。

安比奈駅跡の入口付近はnpo「こども二輪塾」のオフロードコースになっている(2017年5月、栗原 景撮影)。 ケヤキの根がレールを持ち上げている。レールがない反対側にはこのような根は見られない。

「西武新宿線に乗って、廃線跡をいつでも見に行ける」「廃線跡の残る魅惑の鉄道」などの触れ込みで人気のあった西武鉄道の安比奈(あひな

埼玉県で一本の鉄道の歴史が静かに幕を閉じようとしている。 その鉄道の名は「西武安比奈(あひな)線」。 埼玉県川越市の南大塚〜安比奈間わずか約3.2kmほどを結ぶ貨物線ですが、その存在を知る人は決して多くはありません。

梅雨明けした頃に埼玉県の廃線「安比奈線」を見に行って来た。 とにかくジメジメと暑かった。今の酷暑とはまた違った暑さだったのをよく覚えてる。 カメラはM6とcanon 25mm f3.5とフィルムは天気が保ちそうだったのでISO125のFP4+にした。 南大塚駅から安比奈駅へ M6 canon 25mm f3.5 (FP

西武鉄道の休止線、安比奈線を歩く. 西武鉄道の休止線である、安比奈(あひな)線を探索してきました。 安比奈線・安比奈駅は大正15年(1925年)02月15日に入間川で採取した砂利の運搬のために開業しました。

一時期、安比奈線は入間川を渡って、JR川越線・的場駅までの延伸構想があったようです。 確かに地図で見ると、安比奈駅跡に直行するならば、西武新宿線の南大塚駅よりもJR的場駅の方が近そうです。

安比奈線は、入間川で採取した砂利の運搬を目的として1925年(大正14年)2月15日に開業した貨物専用線でございます。 無計画な環境破壊を防止すべく採取規制が強化されたことにより、1963年(昭和38年)に休止扱いとなりました。

以前も、この「西武安比奈線」は投稿したんですが、出発地点の南大塚駅からこの廃線跡を追っていくと、この場所に到着しました。この路線は入間川の砂利を運搬する目的で1925年に開業し、1967年に砂利の採取が禁止さ

Apr 02, 2017 · 西武安比奈線、安比奈駅跡です。 休止になったのは1963年ですが、正式に廃止になったのはつい半年前のようです。 元々は入間川の砂利を運搬をする貨物線らしく、写真の場所も入間川の堤防の内側にあります。 土手から架線柱が見えるので結構目立ちまし

安比奈駅跡、今後の活用法は未定 前方に、水道橋のアーチが見えてきました。雑草のなかに分岐器(ポイント)が現れ、ここからが安比奈駅跡のようです。南側に見える工場は、砂利や砂を生産する西武建

南大塚駅から安比奈駅跡まで、片道徒歩約1時間のウォーキングとなる。日頃運動不足のサラリーマンにとっては、週末の良い散歩になるだろう。一般的な廃墟、廃線と異なり、訪問者が多いのか見学通路がきちんと判るのが良い。

Mar 11, 2018 · 2017年に正式に廃線となった、西武安比奈線の安比奈駅跡です。安比奈線は、廃止までの50年以上にわたり、休止線であり続けました。 Web URL/ http

橋から戻る際に、安比奈駅のあった方を見ると、モトクロスの練習を. している風景が見えました(☟バイク軽く宙に浮いてます)。 この真横辺り(右後方に見えている深い森的なところ)が安比奈駅跡. で

川越市は安比奈線の旅客化を要望している。第三次川越市総合計画(2006年策定)によると、「東武東上線の複々線化」「西武新宿線の複線化及び

Oct 27, 2013 · 西武新宿線の南大塚駅から 川越市のシャトルバスに乗って泉福寺というバス停で下車。 安比奈線の終点だった、入間川の河川敷の 安比奈駅跡

安比奈駅跡地と思われる写真ですが、 安比奈駅跡地ではありません でした。 安比奈駅跡地は写真のもう少し奥で,この空き地は西武鉄道の管理地ではありますが,安比奈駅跡地ではないと思われます。 自分が一番悔しいです(笑)。

西武安比奈線とは. ; 西武 安比奈 (あひな) 線は、西武新宿線・南大塚駅から分岐した約 3.2キロの貨物線です。. もともと、入間川の河原で採った砂利を貨物列車で輸送するための路線でした。 高度成長期に河原の砂利が枯渇する恐れが生じた事から、河原での砂利採掘が制限され、結果安比奈

正式な廃止から1年が経過した西武安比奈線では、遺構の「撤去」が始まっています。線路沿いを歩いて取材しました。半世紀にわたって残された

安比奈線(あひなせん ) は、埼玉県 川越市の南大塚駅から安比奈駅を結んでいた西武鉄道の貨物線である。 1963年より50年以上の長期間にわたり休止となっていたが 、2017年5月31日に正式に廃止と

国: 日本

埼玉県の小江戸 川越と言えば、やっぱり「蔵造りの町並み」ですよね!そして、さらにちょっと足をのばせば、もっと色々な素敵スポットが出てくる出てくる!今回は、市街地から郊外まで、地元民おすすめの川越の観光スポットランキングをご紹介します!

川越市の西武安比奈線。ここもマニアには有名だ。 「あひな」線と言うが、地名は、「あいな」とややこしい。 *タイトル写真は終点の入間川河川敷・安比奈駅跡。 砂利運搬用貨物線だった安比奈線である。 西武新宿線・終点の本川越駅

実はこの踏切跡はこの先の安比奈線の線路とはかなりずれたところにあります。この踏切は安比奈駅跡に車両基地を建設する計画が持ち上がった時に休止後に道路になった部分を避けて線路をつなげられるように作り直したもので一度も列車が通ったことはありません。

The novel “彼岸の君へ” includes tags such as “紙端国体劇場”, “西武安比奈線” and more. 安比奈は歩く。枯草に埋もれたレールの上を、冬枯れの木立ちの下を。 『安比奈線廃止』 その報せが届いた時、不思議と何の感情も湧かなかった。 皆が心配そうに見る。誰も何も言わない。

Nov 09, 2015 · 【廃線跡】探索難易度が低い廃線・廃駅跡を教えて下さい。私は15歳なのですが、幼いので、まずは簡単な所から探索したいのです。 (京都市電廃線跡、西部安比奈線休線だけ)ちなみに、京都市伏見区在住なので極端に

Read: 333

安比奈駅跡、今後の活用法は未定 前方に、水道橋のアーチが見えてきました。雑草のなかに分岐器(ポイント)が現れ、ここからが安比奈駅跡のようです。南側に見える工場は、砂利や砂を生産する西武建

いつもより一ヶ月早く梅雨明けした頃、暑いさなか埼玉の川越方面へ足を伸ばした。目的は廃線で有名な西武安比奈線を見ておきたかったから。 どうも情報が交錯しているんだが、この廃線自体をどう廃棄、撤去するか、またいつ頃なくなってしまうのかがはっきりしない。

安比奈駅は現在の川越市安比奈新田にある「安比奈運動公園」があるその対岸にありました。 昭和42年まで活躍した貨物駅で、主に入間川の砂利を運搬していましたが、同年の川砂利採取禁止に伴い、以来現在まで廃止されることなく休止となっている

1967年に休止が決まったまま、半世紀を迎えてしまった西武安比奈(あひな)線。西武新宿線南大塚駅(埼玉県川越市)から安比奈駅(今は無いです)に至る3.2kmの西武鉄道の貨物線で、入間川で採取した砂利の運搬を目的として1925年に開業し、1967年に入間川での川砂利採取が禁止されたことが大きな

『廃線』を訪ねる(回想録) 2016年12月に『西武安比奈(アヒナ)線』を探索した時の回想録です。 西武安比奈線は入間川で採取した砂利を運搬する為の貨物線で、1925年に開業し1963年にその役目を終え、廃線ではなく休線として50年以上の間放置、その間に車両基地や新駅の計画もあった様です

【わびとさびとたび】国鉄吾妻線太子支線太子駅跡 [YouTube] 【わびとさびとたび】西武鉄道安比奈線安比奈駅跡 [YouTube] 【わびとさびとたび】JR吾妻線祖母島駅 [YouTube]

画像は埼玉県に残る安比奈(あいな)線跡です。全長約2kmの短い区間の廃線ですが、特にこの林に囲まれた区間は、映画やドラマのロケにもよく使われるところです。今週末参加するお台場デザインフェスタで、今回展示販売させてもらう鉄道廃墟の新作『トワイライト』(パイロット版)に

今回は「橋」をたどる目的なので、終点の安比奈駅跡あたりはパスして橋物件からスタートです。 ※クリックで拡大します。 池部用水橋梁は、県道脇にあるのですぐに見つかります。

安比奈駅跡に、工事用のプレハブ小屋が建っていたくらいだ。 廃線跡を歩く人が見られた。写真を撮っている人もいた。 私と同じく、休止中最後の安比奈線に来たのだろう。 もしかしたら、線路が残っている安比奈線に来るのは、これが最後かも知れない。

4.八瀬大橋から安比奈駅へ やがて安比奈線は県道114号線八瀬大橋で寸断されるポイントに至る。 廃線が正式に決まる前は安比奈駅跡に車両基地を建設する計画だったようだが、果たしてこの交差地点を如何にして乗り越えるつもりだったのだろうか?

西武が安比奈駅跡付近に建設されていたら . この付近に車両基地が作られる予定だった。 安比奈線は復活していた。 上石神井車両基地は史実より早く廃止されていた。 =もしバブルが崩壊していなかったら

南大塚駅から安比奈駅跡までは歩ける距離ですし、泉福寺のバス停から安比奈駅までもとても近いので、アクセスがいいです。 実は、その安比奈に車輌基地を作るとか、川越線の的場まで伸ばすとか、復活の噂もあります。

2010.03.30 西武鉄道安比奈休止線に行ってきた。 僕は、鉄オタでもなければ、廃オタでもない。雑誌で見たこの風景にひかれたからだ。 思い起こせば、堤防とか土手とか、こういう明るい尾根道が好きらし

安比奈線、良かったです。あの辺りはテレビ公開後に合わせて(西武鉄道が)整備した感じですね。鉄橋も整備していないと渡るのは危険な状態だったかもしれないですね。安比奈駅跡にもそのうちに行ってみたいです。

安比奈線の車輌基地建設は、新宿線西武新宿~上石神井間の複々線化にともなう輸送量増加対策として計画されたもので、休止中の安比奈線を活用し、安比奈駅跡に収容200輌の車輌基地を建設するとともに、南大塚-安比奈間の中間に旅客新駅を設置する

水道橋を潜ると間もなく終点の安比奈駅跡に達する。 実は此所から問題。 各種訪問記によるとこのあたりは野犬が居たり、ホームレスの住処となっていて物騒な場所とか。また、モトクロスバイクの走行も頻繁だという。 気を配りながら更に進む。

西武鉄道・安比奈線 (廃止後) 訪問:2016年12月23日・30日 長らく休止中だった埼玉県川越市の「西武鉄道・安比奈線」ですが、2016年11月末限りでついに「廃止」となりました。今後変化の予想される有名物件に、今更ながらのチャレンジです。

廃線界の大御所登場です。いや失礼、まだ休止線でしたね。 昨年(2006年)11月5日に行われた「小江戸川越鉄道開設111周年フェア 幻の貨物線「西武安比奈線」を歩く」という催しの画像です。

このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。

その後、浄安寺の西側を南下し岩槻中学校と小学校の敷地を南北に突っ切る形で走っていたのが正解みたい。 よく見ると岩槻中学校の北側に浄安寺方向から続く怪しいカーブを描いた道があるので、こちらが廃線跡ではないかなと。

池部用水橋梁から続く路線跡は橋の上からでも架線柱やレールがはっきりと眺められます。ただし、線路は八瀬大橋で分断されて橋西側から再び安比奈駅跡を目指すことになってしまっています。↓八瀬大橋から、南大塚方面を見る。 ↓安比奈へと続く線路。

安比奈駅跡 八瀬大橋を入間川方向に歩くと、右下に安比奈線が再び姿を現すが その安比奈線は、八瀬大橋の橋脚建設によって分断されてしまって いる。先述のとおり、安比奈線は新宿線の車両基地への転用

なるサイトは2018年12月31日をもちまして閉鎖しました。 長年のご愛顧ありがとうございました。

正式廃止から1年、西武安比奈線はいま 半世紀前の遺構「撤去」始まる(乗りものニュース)正式な廃止から1年が経過した西武安比奈線では、遺構の「撤去」が始まっています。線路沿いを歩いて取材しました。半世紀にわたっ

1:アルカリ性寝屋川市民 ★:2018/02/11(日) 21:03:49.39 ID:CAP_USER9.net「西武新宿線に乗って、廃線跡をいつでも見に行ける」「廃線跡の残る魅惑の鉄道」などの触れ込みで人気のあった西武鉄道の安比奈(あひな)線(埼玉県川越市の南大塚駅から安比奈駅間の3・2キロ

奥沢線は、現在の東急池上線を運営していた池上電気鉄道の支線として開業し、目黒蒲田電鉄への合併を経て1935年に廃止された。それから78年

安比奈駅跡に向かって進む。 やや、西に傾いた日差しに新緑が映える。 草むらを抜けると線路が露呈した場所に出る。 ここから安比奈駅に至る領域はモトクロス場があったり、ホームレスが寝泊りしたり、産廃不法投棄があったりとあまり落ち着ける場所

廃線跡を歩く-西武安比奈線 廃線跡を歩く-西武安比奈線 <2006/11/5> わが家の最寄り駅、西武新宿線新狭山駅の、 本川越寄りの次が「南大塚」という駅。 ここから今は列車が走らなくなってしまった 「安比奈(あいな)貨物線」。

安比奈線には、明治期の特徴を持つ鋼桁橋があります。 決して、唯一無二の珍しさというワケではありませんが、無くなってしまう前に見ておきたいのが人情というもの。 「観察したいときに橋は無し。コレはうかうかしておられんのですよ」

1925.2.15 西武鉄道南大塚~安比奈間開業(貨物のみ) 1965年 全線休止 線路のほとんどは現存しており、架線柱まで残っている所もあるのでわかりやすい。

2010.03.30 西武鉄道安比奈休止線に行ってきた。 僕は、鉄オタでもなければ、廃オタでもない。雑誌で見たこの風景にひかれたからだ。 思い起こせば、堤防とか土手とか、こういう明るい尾根道が好きらし

安比奈のなないろディップスイッチ 世界一悪い観客、安比奈誠伸のブログです。 アイドル声優たちよ、無駄飯、無駄酒、無駄口、無駄遊び、無駄ショッピングの後は、これを読め! 声優志望者たちよ、続けるか辞めるか、迷った時はこれを読め!