豪ドル相場は底堅い – 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、米中通商合意が下支え要因に …

2日のアジア市場で豪ドル・円は強含み。一時74円35銭まで買われた。米ドル・円相場が円安方向に振れたことや中国本土株式は底堅い動きを見せ

[PDF]

豪ドル相場は底堅い展開へ(2019年1月) 順調な景気、中国経済の持ち直し等が豪ドルの支援材料 豪ドルは下降後、やや戻り歩調 1豪ドル=78円近傍で推移 豪ドルの対円相場は底堅い展開へ 2018年の豪州の実質gdp成長率は、前年比 +3.0%となったもようです。

Jun 13, 2019 · 豪ドル為替相場は底堅い展開へ(2019年6月) 利下げの景気刺激効果や政府の財政政策に期待. 2019年06月13日 2019年の豪ドルの対円相場は、4月に一時80円台を回復する局面もありましたが、その後は力強さに欠ける展開となっています。

Feb 22, 2019 · 【今後の展開】豪ドル相場は底堅い見込み、米中貿易協議の進展に注目 rbaの四半期金融政策報告で経済見通しが引き下げられましたが、これは主に米中貿易摩擦激化の影響等から中国等で景気減速が見られるためです。

9日午後の外国為替市場でオーストラリアドルが対円で軟調。ただ、主要な節目を割り込む場面では買いが入り、底堅い動きをみせている。 豪ドルの対円相場は、この1週間チャート上の支持線となっている72円の節目を日本

著者: Hajime Yamaguchi

Aug 19, 2019 · オセアニア外国為替市場では豪ドルが底堅く推移。中国や欧州による景気刺激策への期待がリスク地合いを支えている。ただ、米中貿易摩擦が

[PDF]

足元の豪ドルの対円相場の動向と当面の注目点 足元の豪ドル・円相場は80円台前半へ豪ドル安が進行。日銀の政策決定後の急速な円高・米ドル安が主要因。 対米ドルでは豪ドルは底堅い推移が続く。

豪ドル相場は底堅い見込み、米中貿易協議の進展に注目 rbaの四半期金融政策報告で経済見通しが引き下げられましたが、これは主に米中貿易摩擦激化の影響等から中国等で景気減速が見られるためです。

底堅い展開か、豪準備銀行の政策金利は据え置き予想今週の豪ドル・円は底堅い展開か。 豪準備銀行(中央銀行)の理事会が注目される。 政策金利(0.75%)は据え置きが予想されるほか、声明で早期追加利下げを示唆する可能性は低いとみられており、豪

底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目今週の豪ドル・円は底堅い展開か。 豪準備銀行(中央銀行)は先月、「第3四半期の国内総生産(gdp)の伸び率は緩やか」と指摘しており、経済成長率の鈍化は豪ドル売り材料になりにくいようだ。 早期追加

豪ドル円相場は横ばい圏で底堅い動きに. 豪中銀は10月2日の金融政策会合で、政策金利を1.50%で据え置くことを決定した。据え置きは24会合連続。金融政策姿勢についても、現在の緩和的なスタンスの維持が「整合的」とし、引き続き中立姿勢が維持された。

豪ドルの対円相場は材料待ちの局面にあり、前週末16日の午後以降、72円付近での小幅な値動きとなっている。午前9時頃に米ドル・円相場の動きに追随し、一時72円ちょうどの節目を割り込んだが、すぐに72円台に戻している。

著者: Hajime Yamaguchi
[PDF]

底堅い展開が見込まれる豪ドル相場(2018年10月) 順調な景気、上昇する鉄鋼石価格等が豪ドルの支援材料 豪ドルは80円前後で推移 もみ合いが続いている 豪ドルは底値を探る展開か 豪州経済は順調です。順調な非資源セクターに加

豪ドル為替相場は底堅い展開へ(2019年6月) 2019年の豪ドルの対円相場は、4月に一時80円台を回復する局面もありましたが、その後は力強さに欠ける展開となっています。今回はその要因を確認していきます。 【ポイント1】成長率は前年同期比で減速 失業率は下げ止まり 6月5日公表の2019年1

豪ドル相場は底を打ちつつあるようだ。対米ドルでは、すでに1月15日に底を打ち、安値から+12.6%上昇している。対円でも、円が対米ドルで強含んだことから戻りが遅れているものの、下値の堅い推移となっている【図表1】。

[豪ドル] 来週の豪ドル・円は底堅い展開か。米国による対中追加関税第4弾の残り発動が見送られ、今後は現行の一部対中関税率引き下げなどに

この底堅いという言い回しは主に上昇トレンドや下降トレンドからやや一服気味になり、レンジ相場になったときに言われます。 ニュアンスとしては 「相場環境から考えて落ちてもおかしくはないが、わりと落ちない」 という感じです。

豪ドル相場は底堅い展開へ(2019年1月) 【ポイント1】豪ドルは下降後、やや戻り歩調 1豪ドル=78円近傍で推移 豪ドルの対円相場は、昨年末から今年の年初にかけ急落しました。1月3日に1豪ドル=75.43円を付けた後は、78円近傍まで戻しています。

ボックス圏で推移する豪ドル相場(2019年2月) 【ポイント1】豪ドルはボックス圏で推移 年明け以降77円台~79円台 豪ドルの対円相場は、今年に入り概ね1豪ドル=77円台~79円台のボックス圏で推移しており、直近では78円台となっています。

1日のアジア市場で豪ドル・円はやや強含み。朝方に78円43銭まで下げたが、米ドル・円相場に大きな動きがないことや、豪ドル・ドルの取引で豪

豪ドル週間見通し:底堅い展開か、貿易収支や小売売上高の発表に注目 外国為替 10 時間前 (2019年12月28日 15:01) 保存されました。

豪ドル円は75.75円に20日nyカットのオプション(op)が観測されている。豪ドル・コール(買い権利)のopで、詳細な売買の内容にもよるが、同水準

[PDF]

中期的な利上げ見通し等から引き続き底堅い動きに 豪ドル相場の見通し・・・中期的な利上げ見通し等から引き続き底堅い動きに 豪ドルは一時、対ドルで1豪ドル=0.75ドル前 後、対円で1豪ドル=84円台ま

豪ドル週間見通し:底堅い展開か、貿易収支や小売売上高の発表に注目 強含み、米中協議への期待が下支え 先週の豪ドル・円は強含み。クリスマス、ボクシングデーと連休を控えて、週前半における豪ドル関連の取引は動意薄だった。

5日のアジア市場で豪ドル・円は下げ渋り。一時81円28銭まで下げたが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことを意識して

「豪ドル相場」について新聞報道の記事・写真・画像・とは?(Wikipedia ウィキペディア出典辞書)、ブログなどをまとめてい

上昇、米中通商協議の第1段階合意で買い強まる先週の豪ドル・円は上昇。豪準備銀行(中央銀行)のロウ総裁が、第3四半期の成長減速を予想に

*14:59JST 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、4−6月期消費者物価指数に注目 弱含み、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける 先週の豪ドル・円は

底堅い展開が見込まれる豪ドル相場(2018年10月)順調な景気、上昇する鉄鋼石価格等が豪ドルの支援材料 【ポイント1】豪ドルは80円前後で推移 もみ合いが続いている 豪ドルの対円相場は、新興国通貨安や米中貿易摩擦の激化等から軟調に推移してきました。

【通貨】 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目 強含み、早期追加利下げ観測後退などで買い優勢 先週の豪ドル・円は

【通貨】 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪準備銀行総裁の講演に注目 強含み、早期追加利下げ観測後退などで買い優勢 先週の豪ドル・円は

6日午後の外国為替市場でオーストラリアドルが対円で底堅い動きをみせている。人民元高やオーストラリア債券利回りの上昇で下値を支えられている一方、新規材料に乏しく上値は重くなっている。 豪ドルの対円相場

底堅い展開が見込まれる豪ドル相場(2018年10月)順調な景気、上昇する鉄鋼石価格等が豪ドルの支援材料 【ポイント1】豪ドルは80円前後で推移 もみ合いが続いている 豪ドルの対円相場は、新興国通貨安や米中貿易摩擦の激化等から軟調に推移してきました。

[PDF]

今後の豪ドル為替相場は、堅調な経済を背景に底堅い展開が期待される。 年初来の豪ドル為替相場の動向. 年初来の豪ドルの対円為替相場は、 5. 月6日時点で 1豪ドル=78.91円と2015年末の88.05円から-10.4% の豪ドル安円高となっています。

その他気になるFX為替見通し. 2018年1月21日 17:47 市場の目=底堅い動きが続く豪ドル相場の行方 当面は底堅さが続くも、早晩上値を抑える要因の表面化を予想 Yahoo!ファイナンス 底堅い動きが続く豪ドル相場の行方 当面は底堅さが続くも、早晩上値を抑える要因の表面化を予想 世界経済の自律

豪ドルもこれにつられて上昇し、正午前に73円の節目を再度試す場面があった。 豪ドルの対米ドル相場は24日夜から数度にわたり心理的抵抗線の0.68米ドルを試す展開。しかし、この節目よりも上に長くとどまることはできずにいる。

[PDF]

米利上げ観測台頭から豪ドル相場は小幅に軟化. 豪ドル相場は. 2. 月中旬には一時1豪ドル=0.77米ドル台 まで上昇したものの、足元では3月14-15日の米連邦公 開市場委員会(fomc)での利上げ観測が台頭し、1豪ドル =0.75米ドル台へ小幅に軟化しました(対円

弱含み、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける 先週の豪ドル・円は弱含み。19日発表の6月の豪雇用者数が正規雇用を中心に大幅な増加となったことを好感して、豪ドルは一時84円に迫る場面があった。しかしながら、米中貿易戦争への懸念が再燃したことやトランプ大統領がドル高をけん制し

豪ドル底堅い 支持線74円巡る攻防 豪ドルの対米ドル相場もまた、上値が重いながらも0.68米ドルの支持線を維持している。米国の追加利下げ観測が豪ドルを支える一因となっているもよう。

弱含み、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける先週の豪ドル・円は弱含み。19日発表の6月の豪雇用者数が正規雇用を中心に大幅な増加となった

一方、実需面での豪ドル相場の環境に目を転じると、豪州の経常黒字への転換が豪ドル相場の新たな下支え要因として浮上しつつあります。 2019年7-9月期には豪州の経常収支は+78.6億豪ドルと2四半期連続の黒字となりました(図5)。

一方、米ドルに対して底堅い推移が続く豪ドル相場に関しては、2月19日の米経済紙が報じた「豪ドルは0.65米ドルがより居心地が良い水準」とのエドワーズrba理事の発言をきっかけに、足元の豪ドル相場に対するrbaの公式見解に注目が集まっていました。

※注) チャート・レート他数値は全て2019/06/13 22:00現在取得した値です

豪ドル相場は底堅い展開へ(2019年1月)順調な景気、中国経済の持ち直し等が豪ドルの支援材料(smam マーケット・レポート) 日銀は『展望レポート』で物価見通しを引き下げ(smam マーケット・レ

底堅い展開か、米中通商合意が下支え要因に 今週の豪ドル・円は底堅い展開か。対中追加関税の発動が見送られ、今後は現行の一部対中関税率引き下げなどによる通商回復が期待されることが豪ドルの下支

[PDF]

今後の豪ドル為替相場は、堅調な経済を背景に底堅い展開が期待される。 (審査確認番号h28-tb31) 年初来の豪ドル為替相場の動向 年初来の豪ドルの対円為替相場は、5月6日時点で 1豪ドル=78.91円と2015年末の88.05円から-10.4%の 豪ドル安円高となっています。

Dec 09, 2019 · シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル底堅い、米雇用統計受け上値重い 為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示して

豪ドル/円相場は、米中の対立緩和期待で底堅い推移が見込まれるとともに、「第1段階の合意」および「関税の撤廃」が実現すれば5月以来の上値抵抗である76円台前半の突破を試す可能性もある。

Jan 20, 2018 · *14:52jst 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪雇用や中国経済成長への好感が下支えに 先週の豪ドル・円は強含み。原油価格が堅調に推移した

[PDF]

足元の豪ドル相場は対米ドルでは底堅い推移が続く。rba声明文では豪ドル高への警戒姿勢は示されず。 2015年の海外投資家による対豪証券投資は約8.4兆円へ拡大。相対的な利回り格差が豪ドル相場の下支え役に。 豪州準備銀行は政策金利の据え置きを決定

10日午前の東京市場でドル・円は108円60銭台と、底堅い値動きが続く。 10時半に発表された中国のインフレ指標は予想を上回り、豪ドル・円などクロス円でリスク選好的な円売りに振れた。 それを受け、ドル・円は108円50銭台から108円60銭台に値を戻している。

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は108円台で推移か、中国のインフレ指標などを注視へ」 9日のドル・円相場は、東京市場では108円66銭から108円54銭まで下落。欧米市場でドルは108円43銭まで下落した後に108円68銭まで反発し、108円55銭で取引を終えた。

Oct 25, 2018 · オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは、世界の株式相場が下落しているにもかかわらず、底堅い展開。前日の米国

*14:47JST 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、米中通商合意が下支え要因に 上昇、米中通商協議の第1段階合意で買い強まる 先週の豪ドル・円は上昇

[PDF]

豪中銀は2会合連続で政策金利を据え置き 金融市場は2020年の追加利下げを織り込む 米中貿易交渉への期待から豪ドルは底堅い動き 1 【図1】失業率は小幅上昇、 消費者物価前年比はインフレ目標下限を下回る 【図3】豪ドル相場(対円)は底堅い動き

Dec 16, 2017 · *15:23jst 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、早期利上げ観測が下支え 堅調推移、フルタイム雇用の大幅増を好感 先週の豪ドル・円は堅調推移。

[PDF]

豪ドル相場の見通し. 今回発表された. rba. と政府による豪州の景気・物価 や財政の良好な見通しは、中期的に豪ドルを下支えす る材料になると見られています。 ただし足元の豪ドルは、国内景気や物価動向

【通貨】 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、豪準備銀行の政策金利は据え置き予想 強含み、米中通商協議の行方を巡って楽観的な見方勝る 先週

[PDF]

豪ドル相場は2月中旬には一時1豪ドル=0.77米ドル台 まで上昇したものの、足元では3月14-15日の米連邦公 開市場委員会(fomc)での利上げ観測が台頭し、一時 1豪ドル=0.75米ドル台へ小幅に軟化しました(対円相場 は1豪ドル=86円前後で安定的に推移、図3

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は109円台で推移か、米中通商協議のさらなる進展への期待でドル買い継続も」 28日のドル・円相場は、東京市場では109円57銭から109円33銭まで下落。欧米市場でドルは109円38銭から109円55銭まで戻しており、109円51銭で取引を終えた。