瀬高町史 – 青銅器データ集

概要

瀬高の北東の丘陵部には、旧石器時代 の生活跡が数多く確認され、南筑後では最も早い時期に集落が営まれた地域であったと考えられます。目の前に広がる豊かな土地にひ きつけられた縄文時代~弥生時代の人達は、山のふもとから平野へと生活の場を

国鉄 佐賀線(瀬高 – 佐賀)1987年廃止。現在、みやま市内区間では堀川バスの路線が代替バス路線として運行されている。 バス. 堀川バス – 柳川市とみやま市旧瀬高町域を結ぶ瀬高柳川線(瀬高駅前 – 三橋 – 西鉄柳川駅 – かんぽの宿)の1路線のみ運行。現在

国: 日本

「瀬高の酒の歴史」勉強会 7月6日 晴れ 瀬高町公民館 出席者 12名 地図(上庄・下庄) 明治時代 現在の地図に酒造・店舗・寺院・街

所在地 みやま市瀬高町河内字堀切(玉垂神社境内) 市指定有形民俗文化財 昭和56年2月23日指定 肥前式の鳥居としては最も古い様式のものである。 高さは約2.4メートルと小型でずんぐりとしているが、福岡県下では特筆すべきものとされている。

瀬高宿は上庄と下庄に宿場は分かれていたということだったが、どちらも遺構は残っていなかったので、ここを瀬高宿としてカウントする。 10時5分、瀬高宿を通る。 羽犬塚宿から2時間17分、14573歩

庄福bicサイト 【禁無断転載】 古地図に見る東津留の歴史 みやま市瀬高町東津留 津留村や周辺の浜田村などは古代は海だったと言われる。有明海の水面が下がり水鳥の生息する 茅 (かや) 、 葦 (あし) の茂る沼沢地となり微高地に人が住んでいたとみられる。

『瀬高町誌』(1974) 瀬高町教育委員会/編 『久留米藩 (シリーズ藩物語) 』 『博多 旧町名歴史散歩 』 『筑前国福岡区地誌 (1980年) 』 『赤村郷土誌』(1981) 森口正史 『香春町誌』(1966) 香春町誌編集委員会,香春町 『添田町史』(平成4年) 添田町史編纂委員会

May 22, 2013 · Amazonで石牟礼 道子の西南役伝説 (洋泉社MC新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。石牟礼 道子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また西南役伝説 (洋泉社MC新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

5/5(2)

堀川バス 堀川バスの概要 ナビゲーションに移動検索に移動堀川バス株式会社horikawa bus co. ltd.本社社屋種類株式会社市場情報非上場本社所在地 日本〒834-0031福岡県八女市本町1-302-1設立1966年

本社所在地: 日本, 〒834-0031, 福岡県八女市本町1-302-1

11) 柳川の郷土史料家である渡辺村男 (安政4 (1857) 年~昭和10 (1935) 年) の協力による調査のことである. 現在は柳川史談會・瀬高町役場編纂『大江幸若舞経歴考』として, 柳川古文書館に保管されている. 12) 福岡日日新聞, 大正14 (1925) 年10月23日

Author: H. Fukuda

大正5年(1916)1月、父の博愛の病死のあと、母の以恵子も相ついで福岡市松浦病院で病死、本宅の瀬高町の堀池園で葬儀が行われた。 信愛 (のぶえ) と弟の勝介の兄弟は10月に兄弟で成清鉱業合名会社を創立して父の業を引き継いだ。 まもなく信愛は弟の勝介を社長に推し、馬上金山の経営を弟

↑ 瀬高町教育委員会 『瀬高町史』 1974年6月 pp.230-231 ↑ ごく一部の文献に、堀川バスの瀬高・柳川線自体を「国鉄佐賀線の廃止転換バスとして1987

『福岡県の城』廣崎篤夫 1995年海鳥社 『福岡古城探訪』廣崎篤夫 1997年海鳥社 『九州の古戦場を歩く』吉永正春 1986年葦書房

日本城郭大系〈第18巻〉福岡・熊本・鹿児島(新人物往来社) 福岡県の城(海鳥社) 九州戦国合戦記(海鳥社) 福岡県の城郭―戦国城郭を行く(銀山書房)

堀川バス 車両 辺春線を中心に使用される日野・リエッセで、堀川観光と塗装が同一である。 貸切車 かつて在籍した、貸切から転用された路線車路線車は富士重工製ボディのいすゞ車が多数を占めていたが、アイ・ケー・コーチ

昭和六十年の一月半ば茨城大学名誉教授の瀬谷義彦先生から、石下町史の編さんを引受けることになったから、その全権を委せるので是非とも協力して、「石下町史」を完成させて欲しいとの依頼が

鉄道誘致の思いは強く、経済の発展を期待した地元資本によりこの鉄道が建設された。開業当初は東肥鉄道と称し矢部川(現瀬高)から坂下を経由し大津・荒尾まで結ぶ予定だったが、開業したのはその一部の矢部川~南関のみ。

大和町史 通史編 上巻. 大和町/2001.3. 当館請求記号:gc267-g35. 分類:地方史誌

[PDF]

八女 黒木町史 黒木町 1993 黒木 柳川 柳川市史 史料編 Ⅱ 荘園(三潴荘・瀬高荘)史料 柳川市 2013 柳川 柳川市史 史料編 Ⅲ 蒲池氏・田尻氏史料 柳川市 2006 柳川 柳川市史 史料編 Ⅳ 柳河藩法制 柳川市

[XLS] · Web 表示

浮羽町史 下巻 岡垣町史 岡垣町史編纂委員会∥編 岡垣町 頴田町史 頴田町史編纂委員会∥編 頴田町教育委員会 1984.7 勝山町史 上巻 勝山町史編纂委員会∥編集 勝山町 2006.3 2006.3 勝山町史 下巻 金田町史 金田町史編纂委員会∥編集 金田町 金田町 1968.5 川崎町史

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 東京都 東京府 昭和十年三月現在 東京市 板橋區 練馬南町五丁目 谷戸 三二〇 一〇三〇 下駄表製造 日傭 下 練馬区 練馬 4丁目1~5、3丁目20~23、2丁

このみやま町史には >瀬高で源平合戦, 壇ノ浦の戦いで平氏滅亡、郷土にて源平合戦 平家の残党が源氏の追討軍を要川(飯江川)に迎え討った と書かれていますから 何らかの事情で広島に移ったのかも知れ

町史跡: 南原城: 京都郡苅田町南原: 高城山城: 京都郡苅田町南原: 等覚寺城: 京都郡苅田町山口: 大原八幡館: 京都郡みやこ町勝山大久保: 旧勝山町: 居 館: 尾倉山城: 京都郡みやこ町勝山岩熊: 旧勝山町: 障子岳城: 京都郡みやこ町勝山松田: 旧勝山町: 不動岳城

大和町史 通史編 上巻 大和町史編纂実務委員会 編

表1-4 青銅器の概略編年 参照文献:『荒神谷遺跡と青銅器』 p201 島根県文化センター 1995 表1-5 銅矛・銅剣・銅鐸の移り変わり 参照文献:『古代出雲文化展 神々の国悠久の遺産』 島根県教育委員会・朝日新聞社 1997 表1-6 岩石・樹木の下に埋納された青銅器の概略年代(表1-1に対応)

黒羽町史: 銘文 [東] 東 川西町ヲ経テ黒羽方面ニ至ル [西] 西 湯坂ヲ経テ北金丸方面ニ至ル 川西町余瀬青年支部建之 [南] 南 南金丸ヲ経テ金丸兵舎ニ至ル [北] 北 蜂巣檜沢寒井ヲ経テ黒磯方面至ル. 備考: 余瀬集落の白旗城跡近くに建つ道標。

重要無形民俗文化財 「幸若舞」の大江伝承 ~その意識形成に潜むもの~ 三池賢一(前瀬高町立図書館長) ―装飾古墳保存の現状と課題― 「壁画とカビ」 長谷川清之 (田川郷土研究会・桂川町教育委員会

[PDF]

諸富町史 諸富町史編纂委員会,諸富町史編纂 事務局,1984 筑後川五十年史 建設省九州地方建設局筑後川工事事 務所 筑後川歴史散策 国土交通省九州地方整備局筑後川工 事事務所 【学術関係】 土木学会誌 土木学会 工事画報 工事畫報社,土木学会監修

故大田原晴雄氏の「大田原の道標」(一)(二)と西海平氏の「くろばね石仏と塔碑」と「黒羽町史」をベースに調査は始まったが、黒羽地区は町史の特集ページを中心に足を運んでいる。湯津上地区は資料をみつけているところだが絶望視。

残る2点は昭和28年度の瀬高佐賀線の山門郡三橋町内における災害復旧工事関係、および昭和35年度の柳川市橋本開地内での海岸堤防修復工事に関するものである。 一覧にもどる. 尾形文書 京都郡行橋町に関する史料4点。購入史料であり、来歴は不明。

adeac(アデアック)は、デジタルアーカイブを検索・閲覧するためのクラウド型プラットフォームシステムです。

黒羽町史: 銘文 [東] 東 川西町ヲ経テ黒羽方面ニ至ル [西] 西 湯坂ヲ経テ北金丸方面ニ至ル 川西町余瀬青年支部建之 [南] 南 南金丸ヲ経テ金丸兵舎ニ至ル [北] 北 蜂巣檜沢寒井ヲ経テ黒磯方面至ル. 備考: 余瀬集落の白旗城跡近くに建つ道標。

凸複郭構造の方形館 「沼南町史」では残存遺構の全体像から「中世末期城郭」の様相を呈しているとし、ある時期には館として使用し、その後てを加えて再度使用されたことを示唆している。

宮地嶽神社、古墳 宮地嶽古墳と宝物 宮地嶽中腹の不動神社を祀る日本最大級の巨石古墳が発見された(260年以上まえ)。この

明治三六年(一九〇三)浄土宗として再興したが、現存する弘化二年(一八四五)の当寺の古文書によれば、創建から当代頃は泰空山吉祥院普門寺といい、本尊観音像は、瀬高本吉の清水寺の本尊と同樹材で造立されたとある。

jr鹿児島本線 瀬高 2270m jr鹿児島本線 羽犬塚 3730m 周辺情報 福岡県営筑後広域公園体育館 体育館 筑後船小屋駅(jr) 駅(jr在来線) 福岡県営筑後広域公園多目的広場 その他のスポーツ施設(小規模) 筑後船小屋駅(九州新幹線) 駅(jr新幹線)

故大田原晴雄氏の「大田原の道標」(一)(二)と西海平氏の「くろばね石仏と塔碑」と「黒羽町史」をベースに調査は始まったが、黒羽地区は町史の特集ページを中心に足を運んでいる。湯津上地区は資料をみつけているところだが絶望視。

上の絵図については、志摩町史(s47)に次のような解説と小金丸中心部の絵図が掲載されています。 村の庄屋は必ず管内地図を大きく描いて代々ゆずり伝えているが、志摩二十七か村の中に、ただこの一枚だけが保存されている。

筑後南部 旧八女・山門・三池郡に属す範囲で,現在の福岡県筑後市,山門郡瀬高町,八女郡立花町,八女市,大牟田市に相当する。橋口の筑後南部と一致する。 『泗水町史』1965。

《以下、黒木町史より》「黒木氏の祖先は京都御所を守る武士であったが助能の四代前の源高能が朱雀天皇の 命により、太宰府を焼き払った賊、藤原純友を四国へ追い払った先祖の功により大隅国根占城主となると伝えられて いる。

↑ 瀬高町教育委員会 『瀬高町史』 1974年6月 pp.230-231 ↑ ごく一部の文献に、堀川バスの瀬高・柳川線自体を「国鉄佐賀線の廃止転換バスとして1987

[PDF]

(『桃生町史 第四巻 諸史編』、宮城県桃生町) 弘化5 (1848) 津城下 鍋屋久左衛門昼食 三百弐拾弐文 飲食代 当宿家 作窓入多し、城下ゆへ桑名同様宿並は却てよろし、関東風に 見ゆ、くもつ川端迄四百文ニて駕籠雇、爰を大門と云、直ニ

みやこ町役場 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地 TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563 代表メールアドレス [email protected] / 各課メールアドレス / 各課電話番号 犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄641番地1 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993

[PDF]

– 1 – 福史連(福岡県地方史研究連絡協議会)へのお誘い 福史連は福岡県における地方史研究団体のネットワークです。 地方史研究の振興と次世代への継承に務めています。

道標 (古さ) 都道府県別データ一覧にある紀年銘1689年以前の道標を「古さ」の順に並べたもの (最初は参詣用道標、一般道標は1660年から登場)

全国部落調査 部落地名総鑑の原典. 秋田県. 秋田縣 昭和十年二月現在

八女戦国百首和歌「夏日侍」をよむ (その他資料篇)たとえばと、こんな話も聞きました。八女市の土橋には宇佐神宮をうぶすなの神としてまつられている地域があるが、これは磐井の皇子が宇佐で葬られたという言い伝えがあるからだ」と。

[PDF]

ければならない」とあいさつ。町史を振り 返るビデオ上映や文化協会コーラス部の合 唱(写真)などが披露されました。瀬高町、 山川町は21日に閉町式を行い、それぞれ の町に別れを告げました。 瀬高・山川・高田町が合併し 「みやま市」が誕生 市 で

前に書いた内野城竜造寺隆信陣城説に関連して、地元の岱明町史(現在玉名市と合併)を紐解いています。 同書によると肥前佐賀の戦国大名、竜造寺隆信が最初に肥後国(現熊本県)に侵攻したのは天正六年(1578年)だったようです。 この年は意味が

『大和町史』大和町史編纂実務委員会 『大木町誌』大木町誌編さん委員会 「田中吉政の半生」宮川弘久著 「田中吉政について」太田浩司著 『九州の歴史と風土』半田隆夫著 『角川日本地名大辞典』40福岡

前に書いた内野城竜造寺隆信陣城説(Yahoo!ブログの方。ココログでは画像の関係で割愛)に関連して、地元の岱明町史(現在玉名市と合併)を紐解いています。 同書によると肥前佐賀の戦国大名、竜造寺隆信が最初に肥後国(現熊本県)に侵攻したのは天正六年(1578年)だったようです。

調査方法.各市町村の町史および昔話・民話集等からガラッパに関する地名・祭り・神社・石碑等の記載のあるものは水色・河童に関するものは桃色にしました。 また地域によって呼び方が違うものは濁音「ガ」ではじまるものはガラッパの仲間としました。

ところが、広川町史資料編の伝説の項をみていたら、こういうのがありました。以下要約。 「昔むかし、高良大明神は住むところを探して築後をあちこちめぐっておられた。大川の港から上陸して、瀬高のイチガウラという場所につかれた。

Reviewing a Case of Kowaka-mai of Ohe, Dengaku and nohmai of Mizuumi and Noh and kyogen of Nogo

与論長屋 文 白石正秀 与論という島は、鹿児島県の最南端にあり、沖縄まで21㎞、隣島の沖永良部まで32㎞のサンゴ礁からなる低い丘陵性の一島一町の孤島であります。 明治の頃、こんな遠い島から、なぜ口之津へ千人に余る人達が移 “与論長屋” の続きを読む

柳川瀬高の十時寿徳先生著の「善き師・よき友」を御恵送いただいた。推薦文は松永伍一先生であり「人(妙香人)の一生は台本のないドラマ」と言われている。そして私は死刑を命ぜられた人と十時先生との会話には大いに引きつけられた。

jyomonhisuiさんのブログです。最近の記事は「全国清水寺探訪その44 愛知県東海市荒尾町 慈悲山清水寺(せいすいじ)(画像あり)」です。

2015年1月のブログ記事一覧です。福岡の「超狭域スポットの郷土史を研究しよう」というグループです。^^【わくわく郷土史

商号、名称又は氏名 住所 許可年月日 許可番号又は整理番号 主たる事務所、使用施設又は貯蔵設備 代表者 備考